ネクストマルニプロジェクト委員会+デザイントープ
1928年からもう76年にわたって木製家具を製造販売してきたマルニはこれまでの事業の考え方を一新した新しい家具事業を始めることになりました。その商品として、「小椅子のデザイン」を募集します。
http://www.nextmaruni.com/


 
 


 
マルニとは

歴史

創業 〜 創業の精神: 「奉仕」「協調」「革新」 〜

創業者である山中武夫は、少年時代を宮島(広島県)で過ごしました。伝統工芸(木製加工品)が身近にある環境が影響し、「○にも△にも」、「直線でも曲線でも」、「薄くも 厚くも」、まるで手品のように形を変えていく「木の不思議さ」に取りつかれていきまし た。
中学校卒業後、武夫は機械科へ進学します。自分がこれから学ぼうとする機械の理論を、「木」という素材に生かしてみたいという強い情熱のもと、独学でドイツ語を習得し、西欧の技術書を読み漁ります。卒業後はすぐに5人の職人とともに「山中研究所」を設立。「技術のマルニ」はここを原点にスタートしました。

創成期 〜 家具工業の近代化に向けて 〜

1928年にはマルニの前身である「昭和曲木工場」を設立します。当時としては技術難度の高い「木の曲げ技術」を確立し、それまで手工業の域を出なかった日本の家具工業に対して、「工芸の工業化」をモットーに「職人の手によらない分業による家具の工業生産」を目指しました。
ちょうどその頃、フォードが自動車の量産を始めたという時代背景を考えると、いかに先鋭的な思想であったかがうかがえます。

1929年には国内市場だけではなく、中国や朝鮮半島市場の開拓にも着手します。1933年には生産規模拡大のため広島市沼田木工所と合併。社名を株式会社マルニ木工とし、代的量産家具メーカーとしての地位を築き上げようと考えました。
第二次世界大戦中には、木工技術を生かし、軍需工場として木製補助燃料タンク、飛行機の木製尾翼などの生産に専念します。このことは、結果的に木工技術革新の原動力となりました。

成長期 〜 生産方式の革新、大量生産へ 〜

第二次世界大戦後、マルニはいち早く生産方式の革新に取り組み、量産体制の確立と生産の合理化を推進します。木材人工乾燥の研究開発などをはじめとした新技術を導入。ヨーロッパの合理的な生産方法を学び、工場レイアウトの再構築、作業系列見直しなど、材料から完成まであらゆる工程での改革と開発を行いました。1953年にはデッキチェア、1962年には二段ベッドの販売を開始します。並行して、1953年にはコスト競争力を武器にアメリカへ輸出を開始。ここでは品質管理、納期管理の技術を学びました。その頃、枯渇しつつあった国内材に代わり、安定供給できる木材を探すため世界中を駆け回り、1959年にはパプアニューギニアに分布するソロマホガニーの取扱を開拓します。「ハガネの木」と呼ばれるほど硬すぎて引き取り手がなかった木材を、安定供給可能な家具用主材として利用するため木材乾燥の研究や切削刃物の改良を重ね、技術革新の牽引役となりました。

確立期 〜 技術のマルニ、独自性の確立 〜

1960年代には、より高度な木工加工表現のために。様々な最新鋭マシンを開発し、それまで職人技に頼っていた彫刻加工、三次曲線の脚加工、塗装、縫製等の量産工業化に成功します。このような技術を基にしたデザインで1968年に開発した「ベルサイユ」は「わが国洋家具史上最大のヒット」として自他ともに認められ、当時としては日本最高生産台数を誇る月産2,500脚にも及びました。この影響もあり、当時の国内家具メーカーとしては売上ナンバーワンの規模にまで成長しました。「ベルサイユ」は今もなおロングセラーを継続しています。

提案期 〜 家具デザインから生活デザインへ 〜

1980年代に入り、これまでの脚物(イス、テーブル類)中心の商品構成から、「インテリアの総合サプライヤー」として、他社に先駆けて「トータルコーディネート提案」を発信し始めます。1988年には社名を株式会社マルニとし、従来の単品・セット志向から、ヨーロッパの格調高いクラッシック様式を当時の感覚でアレンジしたインテリア全体の統一感のある美しさや機能を追求。並行してポロ・ラルフローレン、グランジェ、ローラ・アシュレイ等とのデザイン提携、藤家具、スチール家具、カーペット、カーテン、エクステリアの取扱、インテリアコーディネートショップの新設、ボード類自社生産のための工場買収等を行い、1992年にはグループ全体で300億円程度の売上を計上します。また、1989年には安定供給できる木材の確保、コスト競争力アップのため、タイの現地資本と合弁で会社を設立し、海外での生産強化を図りました。

再生期 〜 原点回帰、新しいマルニ創造への挑戦 〜

1990年代後半から、日本経済の低迷、中国や東南アジアからの怒涛の廉価品流入、お客様の嗜好の変化といった時代の流れについていけず、業績も大幅に悪化。1995年には安定供給できる木材の確保、コスト競争力アップのため、中国大連に工場新設しました。1999年には「人に優しい家具作り」を目指し、ホルムアルデヒドの発生を抑える家具作りに成功します。2000年、「地球にやさしい家具作り」を目指し、基幹工場についてISO14001の認証を取得しました。
2004年4月には事業分社制度を導入し、原点回帰の意味を込め、株式会社マルニ木工を新設。原点である創業者の想い、その情熱を取り戻し、常に世の中に驚き、感動を提供できる(新しい価値観を創造できる)メーカーとして、新たな技術革新、最高の品質にチャレンジし続け、企業イメージの刷新、新しいマルニを創っていきたいと考えています。

企業概要

マルニグループ
株式会社マルニ
株式会社マルニ木工
株式会社マルニファニシング
株式会社マルニアステリア
他4社

本部所在地
広島県廿日市市新宮1‐9‐34

工場所在地
国内工場: 広島県廿日市市、広島県佐伯郡湯来町、山口県玖珂郡美和町
中国工場: 大連市甘井子区

営業拠点
札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、金沢、大阪、広島、福岡

資本金
4.5億円(グループ連結)

年商
85億円(グループ連結)