09 応募規約

【規約の適用】
この応募規約(以下「本規約」といいます)は、三洋電機株式会社と本デザインコンペ応募者との関係に適用されるものとします。

【用語の定義】
本規約において、下記のとおり用語を定義します。
1)応募者
本デザインコンペに応募される方
2)応募作品
応募者が本デザインコンペの応募作品として提出したデザイン
3)提出作品等
本デザインコンペの応募に際して応募者により提出された応募作品およびその他一切のデザイン、アイデア、画像、図面、仕様書、文章、発言等

【応募条件】
1.応募者は、本規約を含む本募集要項の内容を承諾した場合に限って本デザインコンペに応募することができるものとします。なお、応募者により提出作品等の全部または一部の提出があった場合、当該応募者は本規約を含む本募集要項の内容を承諾したものとみなします。
2.応募者は、本募集要項で定める手続にしたがってデザインコンペに応募するものとし、三洋電機株式会社は当該条件を満たす応募者による応募を受領するものとします。
3.三洋電機株式会社は、以下の各号のいずれかに応募者が該当する場合、応募者からの応募の受領を拒否し、本デザインコンペにおける審査の対象から除外することができるものとします。
1)応募者が、三洋電機株式会社または本デザインコンペの名誉あるいは信用を毀損するおそれがあると三洋電機株式会社が認める場合
2)その他応募者の応募を受け付けることが不適切であると三洋電機株式会社が判断した場合

【諸権利】
1.応募者は、提出作品等が著作権その他の第三者の権利を侵害しないことを保証します。また、応募者は、応募作品が応募者により作成されたオリジナル、かつ未公開のものであることならびに提出作品等についての著作権その他一切の知的財産権を保有することを保証します。
2.グランプリを受賞した応募作品の応募者は、提出作品等について意匠権その他の知的財産権を受ける権利および意匠権その他の知的財産権、著作権(著作権法第27条および第28条所定の権利を含む、以下同じ)およびその他の権利を三洋電機株式会社に譲渡することに同意するものとし、その権利譲渡の対価は入賞賞金に含まれるものとします。
3.グランプリ作品を除く応募作品にかかる知的財産権は原則として応募者に帰属し、権利登録に関する費用は応募者自身が負担するものとします。ただし、受賞の有無に関わらず、最終審査結果発表後一年間は、三洋電機株式会社が、それらの知的財産権の譲渡、許諾もしくは専用実施権の設定を受けることについて応募者と独占的に交渉できる権利を保有するものとします。
4.応募者は、前々項または前項に基づき、権利の譲渡、許諾もしくは専用実施権の設定を行う場合にあたっては、三洋電機株式会社が権利の登録を受けるために必要な手続に協力し、かつ、提出作品等に関する著作者人格権を三洋電機株式会社および第三者に対して行使しないものとします。
5.応募作品が第三者の知的財産権を侵害するとして、三洋電機株式会社に警告または訴訟が提起された場合、応募者は三洋電機株式会社と協力して当該紛争の対応にあたるものとします。

【提出作品等の取扱い】
1.三洋電機株式会社は、その表現形態を問わず広報広告として雑誌、ウェブ、出版等で全ての提出作品等を公に発表する権利を持つものとします。また、その際は三洋電機株式会社の判断で、印刷・写真を撮影するなど、提出作品等の複製、変更、追加、削除その他の改変を行うことができるものとします。
2.提出作品等について意匠権その他の知的財産権の出願が必要であると応募者が判断する場合には、本デザインコンペの応募前に自己の費用と責任において必要な手続を行うものとします。
3.三洋電機株式会社が、提出作品等の全部または一部と、同一または類似するデザイン、企画、アイデア等を採用した場合であっても、三洋電機株式会社は応募者に対していかなる責任も負わないものとします。
4.応募者は、バックアップを作成する等して、自己の費用と責任において提出作品等を保管・管理するものとし、提出作品等の消失、利用によって応募者もしくは第三者に生じた損害について、三洋電機株式会社はいかなる責任も負わないものとします。

【賞の取り消し】
三洋電機株式会社は、受賞作品がすでに発表された作品であることが判明したり、模倣、盗用など他者の知的財産権を侵害する疑いのある場合は、たとえ発表後であっても受賞を取り消すことができるものとします。また、応募者が故意に他者の知的財産権を侵害していることが判明した場合は、三洋電機株式会社より損害賠償請求をすることがあります。

【応募作品について】
1.三洋電機株式会社は、応募作品の中からグランプリ作品もしくは優秀作品を選定する義務および選定した応募作品を自己のもしくは第三者の事業において利用もしくは使用する義務を負わないものとします。また、三洋電機株式会社は、応募者にコンペの選定状況を報告または通知し、または選定結果についてその選定理由を開示もしくは説明する義務を負わないものとします。2.応募者は、受賞作品の商品化に向けての交渉ならびに次世代製品への反映に際しては、三洋電機株式会社と受賞者とで意見交換、検討しながら変更される可能性があることに予め同意するものとし、三洋電機株式会社は、受賞作品をそのまま商品化する義務を負わないものとします。

【デザインコンペの運営】
1.三洋電機株式会社は、本デザインコンペの中止、変更、延期により応募者に生じる損害について何ら責任を負わないものとします。
2.三洋電機株式会社は、応募者の提出作品等の第三者による利用により応募者が損害を被った場合も、いかなる責任をも負わないものとします。

【応募者の禁止行為および義務等】
1.応募者は次に定める行為を行ってはならないものとします。
1)応募時または応募時以降に提出する提出作品等その他一切の情報に虚偽の事実もしくは事項を申告、記入する行為
2)本規約の規定のいずれかに違反する行為
3)第三者の著作物を模倣して作成された著作物もしくは類似する著作物を本デザインコンペに応募する行為
4)本デザインコンペに応募後、本デザインコンペの目的以外に提出作品等を第三者に開示・提供する行為
5)三洋電機株式会社の関係者を装う行為
6) 応募者と三洋電機株式会社が提携関係、代理関係、委託関係等にあると第三者に偽る行為、もしくは第三者にその旨誤解を生じさせるような行為
7)三洋電機株式会社が本デザインコンペの実施にあたり公開もしくは提供する情報を応募者の個人利用の目的を超えて利用したり、第三者に利用させたり、公衆に提供したり、その他第三者の権利を侵害する行為
8)三洋電機株式会社または本デザインコンペに参加している他の応募者を含む第三者を誹謗、中傷、差別する行為もしくはそのプライバシーを侵害する行為
9) 三洋電機株式会社または他の応募者を含む第三者について公然と事実を指摘しもしくは虚偽の情報を流布する等して名誉または信用を毀損する行為もしくは毀損するおそれのある行為
10) 本デザインコンペの運営を妨げ、または妨げるおそれのある行為
11) その他法令に違反する行為または違反するおそれのある行為
2.前項第4号については、最終審査結果発表後一年が経過した場合もしくは三洋電機株式会社と応募者との間で権利譲渡等に関する交渉がまとまらなかった場合を除きます。
3.応募者は、本デザインコンペに参加するにあたり、三洋電機株式会社から得られる情報、資料などに関して、第三者に開示または漏洩しない旨の指示があった場合はそれに従うものとします。
4.応募者は、本デザインコンペに応募することにより三洋電機株式会社または第三者に対して損害を与えた場合、自己の責任と費用をもって発生した損害を賠償するものとします。

【準拠法】
本規約は日本法を準拠法とし、解釈されるものとします。

【合意管轄裁判所】
本規約の当事者間において本規約に関連して紛争が発生した場合、大阪地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。